2015年4月1日水曜日

沖縄の自己決定権

沖縄の自己決定権


沖縄は明治2年にヤマトに占領されて合併されるまで、五百年にもわたって独立した「琉球王国」として栄えました。明治12年廃藩置県に伴って「沖縄県」となり、王様は退位させられました▼明治政府は、琉球の言語を奪い、文化を破壊し、反抗者を拷問し、軍国日本に組み入れていきました。この一連の処置を「琉球処分」といいます▼第二次世界大戦では「日本国民」として戦い、10万人が亡くなりました。その後も自分たちの意思には関係なく、アメリカ軍基地として利用され、事実上占領されたままの状態が続いています▼前回の選挙では、基地はいらないという選挙民の強い意志が示されたのに政府は民意を完全に無視して基地を拡張しているではありませんか。沖縄には自分たちの運命を自分たちで決めるという「自己決定権」がないのです。これではなるで、ヤマトの植民地ではありませんか▼戦艦ヤマトは沈められ、朝鮮や台湾という植民地は解放されたというのに、戦後70年の今もまだ宗主国(植民地を支配した国)ヤマトは生きているのです▼宗主国ヤマトよ、いい加減で、沖縄を、いや琉球国を独立させたらどうか。そうしない限り、わたしたちヤマト民族は、心静かに寝ることもできないではありませんか。毎日毎日、激しい「反日」の叫びが聞こえてくるからです▼そうです。沖縄の叫びは、わたしには「反基地」ではなく「反日」と聞こえて仕方ないのです(S)

0 件のコメント:

コメントを投稿